美容クリニック開業の基礎知識について

清潔感がありラグジュアリー感もあるようにデザイン

美容クリニックを開業のお手伝いしました清潔感がありラグジュアリー感もあるようにデザイン信頼できるクリニックにすることが必要

開業する美容クリニックは、自費診療だけではなく、保険の適応の可能なクリニックだったので、大勢の方が受診しやすい雰囲気にするように努力しました。
保険内の診療であっても、来院される患者さんは、美の意識が高い方が多いので、内装は清潔感がありラグジュアリー感もあるようにデザインして女性が居心地が良い空間にすることを重視しました。
メイクルームの完備は必須で、メイクルームには、綿棒やコットン・化粧水・乳液など準備するようにしました。
メイクルームのライトは女優ライトを採用して、女性が美しくメイクしやすいような空間にすることが大切だと感じました。
バリアフリーの設計にして、車いすの方など体が負十な方でも美容の施術をうけることができるように配慮して、設計をお願いしました。
数ある美容クリニックと競合するには、内装などをこだわることが大切だと思いました。
カルテは電子カルテを導入して、会計の手間を省くことで、素早く会計ができるシステムを導入しました。
医師がパソコンで診療内容を入力すると自動的に受付にその情報が流れて点数の計算をすることができるので、主流だった紙カルテよりも効率的で、点数の算定ミスも少なくすることができるので、電子カルテを導入して良かったです。
患者側は、会計に待たされる時間が多いと不満を抱くことが多くなるので電子カルテの導入で、スムーズな会計をすることが可能になりました。
レセプト請求も紙レセプトよりも手間がかからないので、医療事務員の作業を軽減することもできるようになりました。
ホームページ作りも工夫をしました。